株式会社落雷抑制システムズ

風力発電と太陽光発電の落雷対策

「風力発電用 落雷対策」と「太陽光発電用 落雷対策」

自然エネルギーの利用は、風力発電と太陽光発電を抜きにはできません。しかしながら、これらの自然エネルギー活用を阻む落雷という要素も同時に忘れてはならない要素です。例えば、風力発電所の多い日本海沿岸は、風もありますが、同時に冬の雷の多いところでもあります。大型の風力発電装置のブレード高さは80m以上にもなります。すると、統計的には年間10回程度の冬季雷の落雷があるのが普通です。一度、落雷に会えば、ブレードが燃えながら落下することもあり、その修復には多額の費用が必要になります。

弊社は、PDCE避雷針の構造をブレードの内部構造に融合して、ブレードへの落雷を防ぐ手段を考案しました。 静的な試験ではうまく機能しますが、回転し、風雨の中での効果については実際の環境で試験しなければ分からない点もあります。 協力して頂ける企業様があれば共同で試験を行いたいと考えています。

落雷から太陽光発電パネルを保護するためのPDCE避雷針については、実績を積んでいます。 お問い合わせをお待ちしています。
PAGE TOP